ロータスクラブ NEWスーパーセーフ面を買った

 ロータスクラブのNEWスーパーセーフ面を買いました。
ロータスクラブ NEWスーパーセーフ面
 「NEWスーパーセーフ面」という名前ですが、いわゆるスーパーセーフ(大道塾などで使っているもの)ではありません。平たい透明のガードがついていて、目、鼻、口のところに穴があいているタイプです。メンホーが少し丸っこくなってちょっと丈夫になった感じです。
 ヘッドギア、顔面防具の類はどれも一長一短で、なかなか悩まされるものです。
 安全性で言えばやはりスーパーセーフのようなものが一番だと思いますが、視界が悪い、息が苦しい、間合いが変わる、など色々と問題があります。以前に使ったことがあるのですが、単に視界が悪いだけでなく、なんというか、感覚が遮断される感じがします。見えているのに反応できない、というようなことがありました。この辺は慣れもあると思うので、使い続ければ段々分かるようになるのかもしれません。
 ボクシングのヘッドギアのように正面を解放していると感覚が良いですが、正面からはもらいやすいです。眼だけ覗くタイプ、「辰吉タイプ」のものは下が全然見えません。見た目以上に視界が悪いです。
 キャッチャー面タイプのものは個人的に割と良いと思っているのですが、やはり視界は制限されますし、先輩によると「あれは掴まれる」とのことです。わたし自身は正面から掴まれたことはないですし、その辺は運用上で注意すれば良いような気もしますが・・。
 というわけで、「NEWスーパーセーフ面」を買ってみました。
 とりあえず装着した感じでは軽くて視界も比較的良く、呼吸もスーパーセーフほど苦しいことはありません。
 眼のところが意外と大きく空いているので、グローブ着用ならともかく、拳サポだけだったりすると指が入りそうです。
 まだスパーで使っていないので何とも言えませんが、スーパーセーフほど守られることはないでしょう。まぁ、軽いスパー程度なら大丈夫ではないかと期待しています。
 裏から見るとこんな感じで、装着はしやすいです。
ロータスクラブ NEWスーパーセーフ面 裏側
 このタイプのものは、イサミからそっくりなものが出ていて、実は同じものなんじゃないか、という気もします。
 ロータスクラブのは6,800円、イサミのは3,500円なので、イサミにしようかとも迷ったのですが、そちらは「ノンコンタクト用」と書いてあるので、ロータスクラブにしておきました。
 といっても、ロータスクラブのも実はノンコンタクト用(ポイント空手とかで使う?)なんじゃないか、という疑惑がありますが・・。
 まぁ防具は本当に一長一短なので、どこかで手を打つしかないでしょう。
 下のはイサミから出ている似たタイプのものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする