『意拳入門』孫立

 わたしが持っているのは旧版の方なのですが、站樁や摩擦歩などの基本的練習の解説・分解写真を収めた本です。手軽に基本的なところが学べて便利な一冊です。
 目次は、
第一章 王薌齋と意拳
第二章 技撃術訓練法
第三章 意念養生健身術
第四章 意念養生健身功の鍛錬方法
 となっており、その後に王薌齋老師による「健身桩のすすめ」、永良勝久氏による「意拳の紹介」が収められています。
 武術としての意拳に関心のある者にとっては、メインは第二章の技撃術訓練法。ここで站樁に始まり試力、発力、歩法、試声、推手、散手が解説されています。
 写真が小さくて細かいところがちょっと分かりにくいのですが、その辺は孫立先生のDVDを見た方が良いでしょう。
 当然、本だけで勉強できるものではありませんが、ひと通り基本事項が説明されているのは有難いです。
 それにしても、孫立先生は武術としての意拳を教える一方、養生法も指導しており、改めて本を見ると養生に随分力を入れているのが分かります。
 意拳に興味があるなら、とりあえずの一冊としてお手頃です。

458303900X 実戦中国武術意拳入門―基礎から散打まで
孫 立
ベースボールマガジン社 2006-06

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする