『島田道男 太気拳』島田道男

 太気拳の島田道男先生のDVD。太気拳の先生方の中でも、とりわけワイルドで怖い人な印象があります。
 前半は立禅、這、揺、練などの太気拳の基本的練習を島田道男先生が行なっている映像が延々と映され、ナレーションで解説が入ります。解説といっても、具体的な技法説明などを行うものではなく、抽象度の高い内容で、直接技術的に活かせるような内容ではありません。ほとんど島田先生のプロモーションビデオ状態です。小賢しい説明などより、黙念師容の精神で島田先生の姿を焼き付けよ、ということでしょう。
 後半は島田先生がお弟子さんを相手に約束組手的?な演武を行い、続いてお弟子さん同士の自由組手が映されます。この映像に対し、聞き手役と島田先生の解説音声がかぶせられています。ヘッドギアやグローブはあったりなかったりでまちまちです。片方がつけていて片方がなし、というパターンもあります。入門三ヶ月という門下生の方がバチバチに打ち合っています。
 その後、島田先生と防具を付けたお弟子さんが組手をします。この時、お弟子さんの頭にカメラが装着され、「相手から見た島田道男の動き」が見られます。
 最後に島田先生の崩拳という、これもレアな練習風景が収められています。夜の駐車場のような場所で打たれています。
 全体的に、How To形式のDVDではないため、「教材」としては不親切な作りです。その代わり、島田先生の稽古風景を存分に眺められ、さらに弟子同士の組手風景という、あまりこの手のDVDでは見かけないタイプの映像が拝めます。また、「対戦相手視点」の映像という、これも珍しい試みがあります。
 どうでもいいですが、島田先生はただでさえも怖いイメージがあるのに、あの軍人というか裸の対象というかなファッションは何なのでしょう。実力に加え、インパクトのあるファッションと髪型で威圧度が増している気がします・・。
 強面といてば、例えば故・真樹日佐夫先生のような普通に見るからに怖い人、というのもいますが、島田先生の怖さはそういうのとはちょっと違う気がします。なんというか、何をされるか分からない、キレたら何言っても聞いてくれなさそうな感じです。普段は大人しいけれど、話の通じない猛獣がそばにいるような感じです。
 ただ、ボソボソとぶっきらぼうに解説を入れる口調を拝聴していると、無愛想な一方、「もしかすると単にとてもシャイな人なんじゃないのか」という気もしてきました。照れ屋さんで基本的に内向的な人のため、一見すると壁を作っているような印象を与えているのかもしれません。人づてに聞くと、普段は結構気さくで優しい方らしいですが・・。
 お目にかかったこともない人間の抱いた勝手なイメージですので、ご本人や周囲の方には申し訳ございません。

B00067SUFO島田道男 太気拳 [DVD]
クエスト 2004-12-18

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする